FXは両替で儲ける投資方法


FXは、外国為替証拠金取引のことを意味します。


外国の通貨を売買して、その差額で利益を得る投資方法のひとつです。

FX情報がリニューアルしました。

異なる通貨の取引、つまり日本円から米ドルなどへ「両替」をするということです。

外貨は常に変動しており、一定の価値に定められているわけではありません。たとえば、1米ドルが100円という時期もあれば、1米ドルが80円になることもあります。そこで、80円の時に購入した外貨を100円で売ると、利益が出るという仕組みです。


また、FXでは売るほうから入ることもでき、100円で売った外貨を80円で買い戻して利益を得るという儲け方もできます。

その一方で、外貨レートの動きによっては損失が出ることもあります。さらに、FXは金利の差額で儲けるという方法もあります。
これは、日本の銀行よりも海外の銀行の金利のほうが高く設定されているために起こる現象です。

お手軽の朝日新聞デジタル情報の失敗しない選び方を紹介します。

オーストラリアやニュージーランドといった高金利の通貨を保持していると、その間、その国が採用している高い金利がつくことになります。これを「スワップポイント」と呼び、その金利だけを目当てにFXを行っている人もいます。



また、元金の何倍もの金額の取引ができるのも魅力です。

これは「レバレッジ」と呼ばれ、自己資金の25倍までの取引をすることが可能になります。

もし100万円の証拠金しかなくても、その20倍の2000万円分の取引ができるというわけです。
FXが、ハイリスクハイリターンな投資と呼ばれているのは、そのためです。