WEB会議のメリットメールのやり取りとの違いは?

政府が「働き方改革」が進めるのに応える形で現在、多くの企業が会社の外でも働ける環境作りに力を入れています。
またコンピューター、とりわけ映像技術の発達により、従来はメールによる文字のやり取りが中心だった遠隔地のコミュニケーションも「顔が見える」WEB会議が増えたことで現地にいる状態に近い環境が実現できるようになってきました。

その一方、「メールのやり取りだけで十分」あるいは「WEB会議は準備が大変な上に、トラブルがあると面倒だ」という方も少なくありません。

原因としては、しばらく前の状態の、性能の低い機器(マイク・スピーカー、WEBカメラ等)も原因の一つと考えられます。



現在は機器の性能向上により、機材による会議のトラブルは大幅に減少しております。

WEB会議の最大のメリットは「その場で修正が利く」ということです。

例えばある企画会議、あるいは企画書の作成等でメールのやり取りの場合、内容が100%となるまで何度もやり取りを行うというケースが少なくありません。

また、チェックを行う立場の人間が不在の場合、返信時期が不明なためにスケジュールを組みにくいというデメリットも存在します。



一方、WEB会議の場合、日程がわかっているため、スケジュールが明確であるのに加え、細かい修正がその場で利きます。


例えば文言の修正や誤字脱字のチェック等を、相手に伝わるような形で返信する場合、これを文書に起こすのは非常に手間がかかります。
一方、口頭のやり取りの場合、その場で指摘することが出来るため、修正の指示が容易です。



また、インターネットに繋がっているため、再提出の後、その場でチェックも簡単に行うことが可能です。

お互い顔の見える状況でコミュニケーションをとることで、一つの作業にかかる時間を大幅に短縮することが可能となります。