WEB会議を使って働きやすい環境を作る

少子化、高齢化社会における問題には介護をする身内がいないということも挙げられます。
一人っ子や兄弟が少ない家庭では親を介護する身内もまた少ないため介護に追われる生活が中心となり、勤務時間を少なくしないとならない現状があります。



スタッフが介護のために離職すると企業が人手不足になります。



この問題を解決するためにWEB会議というシステムを導入してる会社が増えてます。
WEB会議というのは、インターネットを通してパソコンの画面上に顔を出して互いに話し合いができるという内容です。
在宅勤務をしながらスタッフが会議をするときに画面の前に座っていれば仕事ができるので、家で介護をしたり買い物をしたり自分の時間を作りながら働くことができます。
在宅で企画や制作をし、WEB会議の時間になったらできた企画や制作物を画面に出してみんなで意見を言い合えるというわけです。

介護に限らず、子育て家庭でもWEB会議は利用価値があり、子供を幼稚園に送ってから在宅で仕事をして夕方子供を迎えに行くという動きになってます。



在宅勤務をすることにより、満員電車の通勤ストレスから解放されますし、通勤時間に使っていた時間を子供とのんびり朝ごはんを食べることに使えるようになってますから子供たちからも「うちのお父さんはいつも忙しい、朝は自分が起きたときにはもう会社に行ってるし、夜は自分が寝る時間になっても会社から帰ってこない」と言われる心配が無くなりますので、WEB会議を導入する会社は今後も増えていく傾向があります。