WEB会議で無駄をはぶく

以前の会議というのは、ある決められた時間に出席者が一堂に会して顔をつきあわせて行うものでしたが、現在、WEB会議という、参加者がそれぞれ別の場所にいながらにして行う、WEBを使用したWEB会議というのが新たな主流となりつつあります。テレビ会議とは違い、WEBを使用することにより、資料のやりとりなどがスムーズに行うことができます。



また、国内外問わずインターネットの接続ができる場所であればどこでも会議に参加できるというのも強みになります。

WEB会議では、文章でのやりとりを行うチャットはもちろんのこと、音声や映像でコミュニケーションをとることができるため、従来の電話会議やテレビ会議に比べると、高度なコミュニケーションをとることが可能になりました。



また、資料などをリアルタイムに共有することや、なにかをインターネットで検索しながら会議を続けたり、資料を作成しながら会議を続け、会議終了後にその資料を会議参加者で共有することなどもできます。



また、インターネット環境が整ってきているので、現地調査なども複数の人間が現地におもむくのではなく、特定の人間がWEB会議にて映像を他の参加者へ共有し、実際にリアルタイムで映像を確認しながら意見を出し合うことも可能にしました。


以前であれば、予算の都合などで決まった人間しか共有できなかったことが、WEB会議ができることにより、人数に制限なく、さまざまなことを共有しながら会議をすることができるようになりました。